クロロフィルの魅力


スピルリナの魅力の1つは抜群の栄養素を持っているということ。そしてその吸収率は、なんと95%という高さ。植物が持つ細胞膜は破壊しにくく、せっかくの栄養素も吸収率が低くいものがほとんど。しかしスピルリナの細胞膜はとても薄く、ほとんどすべて吸収することができるという魅力もあります。そして驚異的に豊富な成分が含まれていることや、クロロフィルが豊富に含まれていることも魅力なのです。

クロロフィルとは葉緑素とも言われており、植物の色素として存在しています。植物は光合成を行って色素を作り出しています。太陽のエネルギーを自分自身のエネルギーにするための変換エネルギーです。もちろんさまざまな植物が厳しい自然から自身を守るパワーとして、抗酸化物質が作られますが、クロロフィルはその働きをしています。

緑色の濃い野菜などに多く含まれており、小松菜、ホウレンソウ、ニラ、春菊、ピーマン、ブロッコリー、ワカメなどにも多く含まれていますが、その中でも特にスピルリナやクロレラ、ミドリムシなどは多く含まれているのです。特に動物性タンパク質は腸内や血液の老廃物を増加させてしまい、肉や乳製品を多く摂る人には特にクロロフィルは必要不可欠の成分とも言えます。